トップページ >  クレンジング特集コーナー >  完全無添加クレンジング

完全無添加クレンジング選び方のポイントはここ!

本当に無添加といえるのは完全無添加だけ!

無添加クレンジングが人気となっていますが、本当の意味で無添加といえるのは、天然由来成分100%で作られた完全無添加だけです。無添加と表記してあっても、実はパラベンだけが無添加ということはよくあることです。

完全無添加のクレンジングを見分けるには【無添加】に注目するのではなく、【天然由来成分100%】に注目するのがポイントです。【無添加】の場合だと、何の成分が無添加なのか調べる必要がありますし、肌に負担の掛かる成分を見落としてしまうかもしれません。でも、【天然由来成分100%】なら、肌に優しい成分のみで作られているので、見落とすということはありません。

完全無添加クレンジング人気商品を徹底比較してみました!

メイクアップ・エリミナー
  • 全成分

    水/トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル*/スクワラン*/グリセリン*/エタノール*/ヤチヤナギ葉水/ベヘニルアルコール*/オリーブ油/コメデンプン/ヒマワリ種子油/タイソウエキス/カロットエキス/キキョウ根エキス/クマザサエキス/シラカバエキス/ヒマワリエキス/スギナエキス/クロフサスグリ葉エキス/ゼニアオイエキス/ヒアルロン酸Na/ステアリン酸スクロース*/水添レシチン*/トコフェロール(天然ビタミンE)/香料(精油) 【*植物性】

    全ての成分が天然由来で作られた完全無添加のクレンジングです。水以外のほとんどの成分が植物性なので、肌への負担が気になりません。

  • テクスチャー

    ミルクタイプ

  • 界面活性剤

    ステアリン酸スクロース/水添レシチン

    肌への刺激が少ない天然(植物性)の界面活性剤です。元々肌への負担が少ない成分ですし、配合されている量も微量なので、ほとんど気にならないレベルです。汚れを落とすというよりは水で洗い流すための乳化剤として使用しているイメージ。

  • メイクの落ち

    コメから抽出したデンプン成分がメイク汚れを吸着してくれるので、しっかりと落とすことができます。ただし、毛穴よごれや古い角質を除去するために洗顔は必要です。

  • まとめ

    メイクがしっかりと落ちて使用感も良いので、使い心地が良いです。美容成分配合なので、クレンジングした後もつっぱらず、しっとりとしているところが気に入りました。ダブル洗顔が必要なところは残念ですが、完全無添加なのでそこは仕方ないところ。リピートしたい商品です!

ローズ クレンジング&マッサージオイル
  • 全成分

    オリーブ油/スクワラン/ホホバ油/ローズヒップ油/アボカド油/ヒマワリ種子油/コメヌカ油/ブドウ種子油/ローズ油(オーガニック)/トコフェロール


    全ての成分が天然オイルで作られたクレンジングです。天然オイルのみで作られているので、肌への負担はほとんどないといっても良いでしょう。

    オリーブオイルを主体として様々なオイルが混ぜ合わされており、クレンジングとしてだけでなく、マッサージオイルとしても使用することができます。

  • テクスチャー

    オイルタイプ

  • 界面活性剤

    なし

    天然オイルだけで作られているので、界面活性剤は配合されていません。その代わり、水で洗い流すことができないので、コットンなどで拭き取りが必要です。拭き取る際の摩擦で肌に刺激を与えることがあるので、肌触りの良いコットンを使う必要あり。

  • メイクの落ち

    しっかりとマッサージすることでメイクが浮いてくるので、比較的濃いメイクでも落とすことができます。ただし、通常の汚れは落ちないので、しっかりと洗顔する必要があります。

  • まとめ

    天然オイルでとにかく肌に優しいのですが、乳化しないので、拭き取るのがかなり面倒です。たまになら良いのですが、毎日は出来そうもありません。拭き取りを雑にやってしまうと、結局肌に負担が掛かり意味がなくなってしまうので、使い続けるのは難しいかも・・・。

完全無添加のクレンジングでおすすめはこれ!

私のおすすめはオラクルの「メイクアップ・エリミナー」

 全ての成分が天然由来なので肌に優しい!
 完全無添加なのにメイクの落ちが良い!
 美容成分配合でクレンジングしても肌がつっぱらない!


完全無添加でも拭き取りタイプのブルークレールは、やっぱり面倒です。一方、「メイクアップ・エリミナー」は完全無添加で水で流せるので、とても楽です。無添加派の私には手放せないアイテム!リピートして使いたいのは、肌に優しいだけでなく、使い勝手が良いものでないとダメですね!


完全無添加で満足できたのは水で洗い流せるオラクルの「メイクアップ・エリミナー」だけ!