トップページ >  クレンジング特集コーナー >  オイルクレンジングとミルククレンジング

オイルクレンジングとミルククレンジングのメリットデメリット

オイルクレンジングのメリットデメリット!
■メリット
・メイクの落ちがよい
・毛穴汚れもスッキリ
■デメリット
・肌に負担がかかる(界面活性剤・オイルの配合量が多い)
・洗い上がりにヌルつき感がある

オイルクレンジングはオイルの配合量が多いため、どうしても界面活性剤の量が多くなってしまいます。したがって界面活性剤が肌に負担をかけてしまうケースが多々あります。しかし、植物由来の界面活性剤を使用するなどして負担を抑えたものもあるので、そちらを選ぶことで肌への刺激を軽減することができます。

ミルククレンジングのメリットデメリット!
■メリット
・肌に負担がかからない(界面活性剤・オイルの配合量が少ない)
・洗い上がりのヌル付きがない
■デメリット
・メイク落ちが悪い
・毛穴にざらつき感が残る

オイルクレンジングとまるで正反対の性質を持つミルククレンジングですが、肌に優しいのは分かっていても、メイク落ちが悪いという認識を多くの方が持っています。しかし、本質が良くミルククレンジングで正しい使い方をすれば、メイクは結構しっかりと落ちます。正しい使い方ができていない方が意外に多いのがミルククレンジングだったりします。

オイルクレンジングとミルククレンジングは結局どちらがおすすめなの?

突き詰めればここが分かれ道!

オイルクレンジングとミルククレンジングどちらが良いかは、自分がどこに重点を置きたいかによって変わってきます。メイクの落ちを重視したい方は低刺激なオイルクレンジング、肌への優しさを求めるならメイク落ちがよいミルククレンジングを選ぶと良いでしょう。あとは肌質や肌の悩みなどを考慮すれば、ほぼ選ぶべきものが判明します。


 低刺激なオイルクレンジング⇒普通肌・脂性肌・混合肌/毛穴・くすみ
 化粧落ちがよいミルククレンジング⇒敏感肌・乾燥肌/肌荒れ・ニキビ・アトピー


自分が上記の項目のどこに当てはまるかを確認して、オイルにすべきかミルクにすべきか判断するのがおすすめです。結局のところ万人に相性の良いクレンジングは存在しないので、自分の肌の状態に合わせて適切なものを選びましょう。それぞれでおすすめの商品はこちらです!